最近は岩場に行っても指導ばかりでしたが、久しぶりにトップで登りました。
午前中は東稜をセカンドで登り、ローソク岩の中央稜ルンゼルート 2ピッチはリードしました。
たまには緊張するルートを登らないと実力が落ちていきそうだと実感しました。
また、歩いていないので夏山に向けて体力もつけなくては・・・

b-2017.06.18 百丈岩 011
 
兵庫県 蓬莱峡にて各高校より選抜された登山生徒を講習しました。
岩場通過の講習会で、生徒数は115名、講師は10名 講師一人当たり10名以上の担当となりました。
私はまだまだ未熟なので指導は大変でした。

b-2017.06.04 高体連 007

続きを読む »

 
岩登りの指導に行ってきました。

s-2017.05.27 技術検証会 027

続きを読む »

 
クライミング技術の検証会に参加してきました。
場所は百丈岩 
懸垂下降にて各フリクションヒッチの長所と短所の確認、
ビレヤーの自己脱出等

s-2017.05.27 技術検証会 007

続きを読む »

 
いつもの六甲、キャスルウォール・ブラックフェースで岩登りをしてきました。
キャスルウォールでは凹角ルートを登りました。
s-2017.05.21 キャスルウォール 022

続きを読む »

 
六甲周辺へクライミング。
マルチピッチが主体であまりボルダーはやった事がないのですが先輩の計画に乗っかりボルダーに行ってきました。
ブラックフェースでツルベの練習、10名居たのでブラックフェースでは左の難しい個所を登攀。
ボルダーでは「ハウス」 「ハンドジャムクラック」 「ビッグボルダー」と三か所を回りました。
特にビックボルダーでは、ハングの乗越にマントリングと言う技術を使い、乗りこなすが苦労しました。
たまには難しい場所も楽しいものです。


ビックボルダー上部にてトラバース中
s-S__2539546.jpg

続きを読む »

 
GWの余韻の抜けないまま、一日だけ空けて六甲に来る。
講習会指導の西山谷へ
六甲では危険な谷と言われている西山谷の沢筋を歩き、堡塁岩で登攀練習、疲れているのでケーブルを使おうとしましたが結局は六甲駅まで歩きました。

s-2017.05.07 西山谷 007


続きを読む »

 
2015年のGWに白馬主稜に登ってから次に登るのは鹿島槍ヶ岳東尾根と決めていた。
春の後立山連峰は痛快そのものである。麓にはサクラが咲き、早春の花が咲き、山には残雪がたっぷりある。
登攀の対象となる岩峰は第一岩峰が3ピッチ、核心の第二岩峰が2ピッチと資料にあるのだが、実際に行ってみると雪が詰まった
第一岩峰はフリーで抜け、第二岩峰は渋滞の中、1ピッチで抜けた。
それでも、鹿島槍ヶ岳の綺麗な双耳峰を見ながらのクライミング、傾斜が50度ほどありそうな雪壁、トラバース、ナイフリッジと次々と続く様は爽快であった。
また3日間におよぶ晴天で、思い出深いGW山行となりました。

s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 121

s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 065

続きを読む »

 
ゴールデンウィークに予定している山行の練習に行ってきました。
六甲山/ゲートロック、地獄谷、キャッスルウォール、ブラックフェースをアイゼンを付けて登攀、いいトレーニングになりました。
s-2017.04.29 ブラックフェース 012

続きを読む »

 
両白山地 野伏ヶ岳と薙刀山に登ってきました。
二日間晴天の中、積雪は山頂部で2m。
急登あり、大絶景あり、ご来光、雪のテーブル、ルートファイティングの難しさ、熊の足跡などなど盛り沢山の山行でした。

s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 170




続きを読む »

 
先週に引き続き道畔谷に行きました。今日は大人数を引き連れての山行。
s-2017.04.16 道畔谷 003

続きを読む »

 
雨の中、六甲山 道畔谷を2往復してきました。
芦屋川駅~道畔谷右俣~荒地山~東尾根下降~道畔谷中俣~荒地山~芦屋川駅

s-2017.04.08 道畔谷 020

続きを読む »

 
冬期の大普賢岳は初めだ。事、日帰りとなると和佐又山ヒュッテまで車が入れるかが核心だった。
通常4月なら雪はなくなる頃だが今年は多い、いいバリエーションになろう。
林道は凍結部分が少しあったがなんとかヒュッテまで車が入れた。

s-2017.04.02 大普賢岳 048

続きを読む »

 
滋賀県、比良のアルファルンゼへ登攀練習に行きましたが、滝が全て雪に埋もれて雪稜登攀になりました。

s-2017.03.25 比良αルンゼ 022

続きを読む »

 
3月の北アルプスに上高地から入るのは初めである。ヤマケイの雑誌から霞沢岳西尾根ルートの紹介があり、これなら行けると思いメンバーを募った。霞沢岳は穂高周辺にあって中々登る機会がないが冬期限定の冬季ルートなら面白そうだ。
途中、簡単な岩峰、ナイフリッジがありました。

s-2017.03.19-20 霞沢岳 047

続きを読む »

 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by