三峰東稜は2015年に宝剣岳中央稜の練習と2016年の夏に二度リードしているが、初めて行った時の印象がとても怖かったと言うイメージだけが残っている。師匠より三峰より更に奥にある不行岳(ゆかずだけ)に弓状クラックルートの存在を聞き、その時に見た岩峰はあまりにも威圧感が大きすぎ、このルートは私には縁のないルートだと思っていた。
あれから三年、まさか自分が弓状クラックにトライする日が来るとは思わなかった。

三峰・不行岳・大天井岳を岩登りで繋げるルートで三峰が3ピッチ Ⅳ+級
不行岳5ピッチ Ⅴ級  大天井岳1ピッチ Ⅲ級 のルート構成で弓状クラックに関しては情報が乏しく登る人は少ない感じでした。
核心の弓状クラックはⅤ級ですが実際登るとⅥ級以上のレベルだと思いました。

b-2018.06.17 弓状クラック 025

続きを読む »

 

仁川渓谷の岩場は資料によると1950年代から登られてきたようだが最近は様子が変わり登る人は殆どいない。
各所で長いアブミのルートが点在しているのと、バットレスと呼ばれるⅣ級~Ⅴ級の岩登りが出来る場所です。
バットレスはフリクションのよく効く花崗岩で岩質は安定しています。

三段岩 右ルート シャドウルート
パール 中央フェーエ直上ルート 中央右ルート
バットレス 南面左クラック 南面右クラック 西面フェースルート 合計7ルート

シャドウルート
b-2018.06.09 仁川渓谷 007

続きを読む »

 
暑い一日でした。
朝はロープワークの練習等々を教えてました。下部岸壁を登り 東稜リッジルートを登りました。

b-2018.06.03 百丈岩 004
 
谷川岳 烏帽子沢奥壁南稜 アルパインクライミング

谷川岳は群馬県に位置し遠く、「遭難死者が世界一多い山」と知られ800名近くの人が命を落としてきた山であります。気象条件が厳しく天気がコロコロ変わり、切り立った山肌に絶えず雪崩が発生し雪崩で磨かれたスラブが存在する山で、怖くて手が出せない山域ではありましたがアルパインクライミングを目指すものは一度は登っておきたい山でもありました。
5月の末は雪渓が一番安定しておりアプローチの危険のリスクが少ない事からこの日に設定しました。

大阪から現地までゆっくり運転して10時間、クライミングは12時間かかるルートです。私達のレベルでは途中ビバーグは余儀なく必要とされる計画でありました。

b-2018.05.26-27 谷川岳 029


続きを読む »

 
講習会の検定委員として参加しました。
夜間歩行、ビバーグ、岩登りなどなど

b-2018.05.19-20 TI 002

続きを読む »

 
登山靴でⅢ級岩場の登攀練習。
中間テラスを使っての狭い場所での連続懸垂下降。
ツエルトをロープで固定、セルフビレイを取りながらの就寝方法&トイレ方法。 
久しぶりに凹角ルートをトップで登りました。

b-IMGP6937.jpg

続きを読む »

 
中岳西尾根を登攀し槍ヶ岳まで縦走する予定でしたが、悪天と雪に阻まれ何処にも登れませんでした。

5/3 新穂高~滝谷避難小屋
5/4 滝谷避難小屋~槍平避難小屋
5/5 槍平避難小屋~新穂高

a-2018.05.03-05 槍ヶ岳 032

続きを読む »

 
春山に向けてアイゼントレーニング
A懸垂岩、ブラックフェースを登攀しました。
4月とは思えない暑さ、地獄谷は人が溢れていました。

a-2018.04.22 初級 芦屋川 005
 
1泊2日で八ヶ岳に行く予定でしたが雨で中止。
急遽、堡塁岩でクライミングを楽しみました。

東稜 3ピッチ
中央稜 右クラックルートⅣ ・カンテ横フェイスⅤ+ ・右カンテⅢ ・チビッコフェースハングⅤ- ・ダッコちゃんⅣ+

a-2018.04.14 堡塁岩 033

続きを読む »

 
第44回チャレンジ登山大会 チャレンジダイトレ

トレランの部 スタート係りを務めました。


a-2018.04.14 堡塁岩 017

 

a-2018.04.14 堡塁岩 010

続きを読む »

 
久しぶりのハイキング、花の百名山 霊仙山に登りました。
今回は講習会も兼ねています。
霊仙山の西南尾根は何度登っても気持ちのいいルートでした。

今畑~笹峠~西南尾根~霊仙山~汗フキ峠~今畑 

写真はセツブンソウ
春の妖精・スプリング・エフェメラルは 一度見ると可憐な花で人を魅了します。
石灰岩地を好む、セツブンソウは乱獲や自生地の環境破壊によって希少植物になっています。
a-2018.03.25 霊仙山 041続きを読む »

 
毎年冬の時期は堂満岳ルンゼに行きたくなります。近場にして、急俊なルンゼ、バリエーションに富んだ雪稜登攀が楽しめる場所です。今年は各地に大雪をもたらしたので3月に入ってもまだ行けるだろうと判断し決行としましたが、イン谷にはまったく雪は無く、周辺にも積雪が見えなく、こんな状況で登攀出来るのかと不安に感じながらの山行となりました。

a-2018.03.10 堂満ルンゼ 009

続きを読む »

 
久しぶり山スキーに行ってきました。 兵庫県の氷ノ山 1510m
わかさ氷ノ山スキー場トップ~三ノ丸~氷ノ山山頂~三ノ丸~坂谷ルート滑走~やまめ茶屋
20キロのロングコースを滑りました。

a-hy43.jpg

続きを読む »

 
毎年2月に伯耆大山を計画するが大山は晴天率が低く、なかなか晴れてくれない。
今回は曇天予報の中、新人を含む9名が集まり大人数となりさてどうなるのやらと心配した。
蒜山から見る伯耆大山は富士山にそっくりな山容、すそ野が広がり穏やかに見えるが、いざ元谷へ回り込むと北壁は聳え立っており威圧感さえ感じる。
その北壁を攀じ弥山の山頂にダイレクトに伸びる西稜ルートは爽快そのものである。

a-2018.02.18 大山弥山尾根 040

続きを読む »

 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by