シーズン最初と言う事もあり、まずはアイゼンに慣れる事を重点にルートは2級~3級+程度のルートで登攀練習。
全10ピッチとまずまずの練習量となりいいトレーニングになりました。
久しぶりにアイゼンの爪で立ちこむ事の楽しさを思い出しました。

Y懸垂尾根 5ピッチ&懸垂下降
北尾根 5ピッチ

北尾根4ピッチ目
s-IMGP7975.jpg

続きを読む »

 
今年一年の締めくくり 前夜 山で焼肉を堪能しました。翌日はトレーニング
 
12/2 アイゼントレーニング・自己脱出・要救の介助懸垂を練習しました。

s-2018.12.02 納山祭 004


 
毎年11月からアイゼントレが行います。時には富士山に行ったりと高所に雪を求めてトレーニングに行くことも少なくありません。今年は御嶽山。全国的に雪が降らなく高所も雪はありません。秋の終盤三連休、三連休の前日から一時的に冬型になりようやく雪が降り始めました。

11/23 18:00大阪~中津川~23:30濁河温泉
11/24 7:30登山開始~10:00幕営~11:20発~13:10飛騨山頂~散策後14:00下山開始~15:20テント場
11/25 7:40下山開始~9:10駐車場

s-2018.11.24-25 御嶽山 059

続きを読む »

 
六甲/赤子谷~譲葉山~樫ヶ峰~甲陽園駅 (アイゼントレ・荷歩・読図)
この季節はアイゼントレになります。久しぶりに冬靴を履いたので足が痛かったです。
もう少し履きこんで足をならさなくては・・・

cc-2018.11.18 赤子谷~甲陽園駅 027

続きを読む »

 
奈良へサイクリング

cc-2018.11.11 奈良サイクリング 009

続きを読む »

 
鬼ヶ牙にいくつもりでしたが雨模様の為、雪彦山へ
東稜を6ピッチ
cc-PB040037.jpg

続きを読む »

 
プレートアブミを作成しました。
アイスアックスにテープを施しました。

cc-2018.11.04 雪彦山東稜 001

続きを読む »

 
車止め~林道~P1397~七面尾~七面尾鞍部~西峰~アケボノ平~槍ノ尾ノ頭~西峰~東峰~大峰奥駈道~舟ノ峠~谷下降~神仙平~カラハツソウ谷~林道~車止め

七面山は奈良県に位置し大阪より近いが、登山口までのアクセス、アプローチが困難で、また奈良県奥地は災害で林道の通行止めや時間規制がよくあり中々行けない場所でもあります。事前に奈良県道路課で確認し出発しました。今回行く七面山は、林道が崩落しており車止めより登山口まで片道4キロほど歩かなくてはなりません。訪れる人も少なく登山道も荒れ放題、ルートも難しく意識して歩かなくてはなりません。そのルートにプラスして、一般道を外れ大峰では珍しく開放的な別天地、神仙平を目指します。出だしから痛恨のルートミスし予定とは逆コースで回りました。

cc-2018.10.27 七面山 058

続きを読む »

 
生駒チャレンジ登山
トレランの部 毎回恒例のスタート地点にてスターターとして活躍してきました。
参加者 トレイルラン 282名 ハイキング 444名   

cc-2018.10.21 生駒サポート 002
 
屏風岩に登ってから体調を崩した。最近歩くことが少なくなってきたので、次週のチャレンジ登山生駒のサポート役もするので下見も兼ねて、生駒山トレーニングを行いました。

河内岩船駅~ほしだ園地~むろいけ園地~くさか園地~新石切駅 歩行距離およそ25キロ

cc-2018.10.13 生駒山 009

続きを読む »

 
北アルプス、涸沢に行く道中に否でも応でも眼に飛び込んでくる屏風岩、日本国内最大、高さ 600m、幅 1,500mの、垂直の1枚岩壁で日本を代表するビックウォールの一つである。急俊で手がかりに乏しい花崗岩が長い間、登攀不可能とされ、その歴史は意外に浅い。その東壁 初登ルートを狙います。

c-P9230116.jpg


c-2018.09.22-24 屏風岩雲稜ルート 100

続きを読む »

 
何度も通って見ている地蔵岳。正面から見ると圧倒的な威圧感に押され、とても人が登れる様なルートが通っているとは信じがたい。真っ直ぐに垂直に切り出された大岩壁。見れば見るほど溜息しか出ない、困難な登攀になりそうな予感がした。

c-2018.09.17 地蔵岳正面壁 006

続きを読む »

 
北アルプスに行く予定でしたが天候が良くないために、小川山に変更し実施しました。

小川山は「日本のヨセミテ」と呼ばれ、花崗岩の奇岩群に数多のクライミングルートが切り開かれています。 そんな小川山のマルチピッチルートを楽しみました。

小川山ではグレードだけでは判断できないクライミングの難しさが内包されています。
8/25 ガマスラブ~ガマルート8ピッチ5.9 春のもどり雪3ピッチ5.7
8/26 セレクション 7ピッチ5.8

ガマルート6ピッチ目 5.7
c-2018.08.25-26 小川山 018

続きを読む »

 
三段壁右鐙ルート・シャドウルート・パール右・左・左上ハングルート 5本

前々回、トップロープで登攀中、ピンが2本抜けた如何わしいルートだ。
傾斜は前傾し110度の被りルートで中々手強い。整備したのは三段のシャドウで、足したハーケンは4本です。(元々あった場所に打ち込みました)
下から順に、根元まで打ちこめていないハーケン、その1メートル上にもう一本(いずれもクロモリのナイフブレード型)
レッジの左隅に一本、レッジに立ち上がった後の最上段に立ち上がってやっと取れる高さに一本(いずれもクロモリのアングル型)を打ち込んで安心してリードが出来きるようになりました。

c-2018.08.19 仁川 001

続きを読む »

 
お盆を利用し、3泊4日でチンネ登攀と、Ⅵ峰Dフェースの岩登りを計画しましたが生憎の雨で全工程は実施出来ませんでしたが
雨の隙間のワンチャンスを利用し、チンネ左稜線のクライミングは成果を得る事が出来ました。
剱岳懐奥、最高のロケーションの熊の岩、そこをベースに繰り広げられる登攀、期待と不安の中 登山が始まった。

8/11 室堂(7:30)―別山乗越(9:40)―長次郎谷出合(12:10)―熊の岩(14:30) 7時間
8/12 熊の岩(3:50)―右股 池ノ谷乗越(5:20)―登攀開始(6:30)―T5(10:00)―登攀終了(12:30)―熊の岩(14:30)  10時間40分
8/13 熊の岩(6:10)―剣沢小屋(9:10)―室堂(11:40) 5時間50分

c-2018.08.11-13 チンネ左稜線 047

続きを読む »

 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by