蓬莱峡にて岩場の通過、ロープワークなど 講師としての活動でした。
暑い一日でした。 生徒を指導&見続けるのはとても神経を使いました。

z-2019.05.12 TI 012

続きを読む »

 
ノーマルのマフラーからスパーストラップマフラーに変更。
いい音が出ます。
これで気持ちよく走れます。

z-2019.05.11 不動岩 003


続きを読む »

 
午前中は東稜中央2ピッチを各2本
午後からは東壁、菱型ハングⅣ+ 東稜、砂かぶりⅣ+等々を各3本ずつ全てリードで登りました。
懸垂下降3回
久しぶりにクライミングシューズを履きました。

z-2019.05.11 不動岩 009

続きを読む »

 
10連休、山行で6日間、残り4日間はバイクに集中した。
5/3はサイクリング 5/4・5は近郊へバイクツーリング。
この季節のバイクは気持ちいい。

z-ツーリング2019.05.05 奈良 002

続きを読む »

 
宇奈月温泉から剱岳北方稜線
2019.04.27-05.02 5泊6日  

5月の10連休、この連休を利用して山に入る。この一生に一度の連休に相応しい山行は何処かと考えた時、これしかないなと思いつく。
宇奈月温泉から毛勝三山、池ノ平山を経て剱岳。日本海から剱岳に向かう30キロに及ぶ長大な尾根、藪に被われた稜線が果てしなく続き、経験を積んだかなりマニアックな登山者の姿しか見られない静かな山域、そうこれが本当の北方稜線。ここに想いを募らせた。
この壮大なプロジェクト計画に3名が参加表明、メンバー確定後既に3ヶ月前から準備を始めた。装備、食料計画、日程計画、トレーニング、自分達が思いついた事を全てやってきたつもり。果たしてそれが通じるだろうか?自分自身を試す最大のチャンスとなる。
計画は予備日2日を含め7泊8日とする。毎日水を作り、食事を全て担ぐ。一番苦労したのが食料計画だった。本来ならもう少し経験を積めば共同食の方が軽いような気もするが、各自食べる量、好みも違う、おまけに毎日10時間行動を想定し大量の行動食に違いがあるので、食事は全て個人食とする。食事は出来るだけ火を使わない物に限定、1日2000㎉を摂取し、重量は5キロ以内に収める事を前提に準備をして貰う。

富山県特別危険地区への入山の為、入山には1か月前から計画書を作成し富山県知事の承認を貰う。

z-2019.04.27-05.02 剱岳北方稜線 083

続きを読む »

 
今春から大阪府の山岳連盟のスクールでアルパインの講師を一年間務める事となりました。
四季を通して色々な事を教えて行きたいと思います。
人を育てる楽しみ、自身のスキルアップの為 私も色々と勉強なると思います。
一年になるか二年になるか、何年もするかはまだ分かりませんが 頑張りたいと思います。

z-2019.04.21 A1 蓬莱峡 003


続きを読む »

 
第45回 大阪府チャレンジ登山大会 ダイヤモンドトレール 36キロに出場しました。

ゆうあい広場~葛城山~金剛山~紀見峠

z-2019.04.14 チャレンジ登山ダイトレ 049

続きを読む »

 
サクラ満開 晴天の中 初級登山講習会の担当で行ってきました。
いつもバリエーションルートを設定しますが、今回は失敗してしまいました。
地図では破線ルートだったので大した事はないだろうと甘くみてましたが、今回のルートは踏み跡が殆どなく、高い堰堤を超えるのが大変で、イバラの藪が多く腕が傷だらけ、前進するのに時間がかかり途中撤退となりました。

読図、高巻、ロープワーク(もあい結び、シートベント、簡易ハーネス)など

御影駅~白鶴美術館~五助堰堤~西滝ヶ谷(タイムオーバーで途中で打ち切り)~打越峠~七兵衛山~岡本駅

西滝ヶ谷から水晶谷を遡行するつもりでしたが、道がかなり荒れておりイバラの藪が覆い茂り時間がかかり途中で折り返しとなりました。

z-2019.04.07 西滝ヶ谷 六甲 009

続きを読む »

 
3/23 美しの森~出合小屋~五段の宮直下
3/24 五段の宮~旭岳~ツルネ東稜~出合小屋~美しの森

z-2019.03.23-24 旭岳東稜 048

続きを読む »

 
あいにくの小雨、山頂部ではアラレが降りとても寒い一日でした。
ボッカトレーニング
生瀬駅~赤子谷左俣~六甲縦走路~譲葉山~行者山~行者山東峰~光ヶ丘~宝塚駅

赤子滝にて
z-2019.03.17 初級登山講習会 赤子谷 012

続きを読む »

 
比良/堂満ルンゼに行く予定でしたが、積雪が無く危険と判断、アルファルンゼに変更となりました。

z-2019.03.09 アルファルンゼ 015

続きを読む »

 
ハチ高原~ハチ北スキー場でスノボーを楽しんできました。
融雪が進み今年最後のスノボーになりました。
今年はスキー場には4回足を運びました。道中の雪は無くなり、ドライブがてら自宅からスキー場までオール下道、高速道路をまったく使わずに往復しました。

z-2019.02.23 ハチ高原スノボー 012

続きを読む »

 
近畿の最高峰 八経ヶ岳標高1914m 冬期で最短で行ける聖宝谷からのルートですがルートファイティングが不可欠で雪山での熟達な経験が必要なバリエーションルートです。
今回は八経ヶ岳を目指しましたが時間切れで弥山(標高1895m)までとなりました。
大川口~聖宝谷~聖宝ノ宿跡~弥山~聖宝谷~大川口

今回は痛恨のミス、途中でカメラを落としてしまい、運悪くそれをアイゼンで踏んでしまうと言う大失態。
4年間、厳しい山行を共にしてきたカメラは作動不能となってしまいました。

z-2019.02.17 聖宝谷 弥山 075

続きを読む »

 
前回、スノボーのブーツが経年劣化で潰れてしまい、今回は山スキーの練習を兼ねてハチ高原へスキーを楽しできました。
天気は芳しくなく一日中、パラパラと雪が降っていました。

z-2019.02.10 ハチ高原 027
 
厳冬期 大普賢岳 1779m

伯耆大山八合尾根を登る予定でしたが、悪天の為中止としました。代わりに天気の良さそうな奈良県/大普賢岳に変更しました。2月の大普賢岳と言えば登頂率が低く難易度も高い。
本来なら深雪でラッセルを強いられ、夏道が隠れ危険なトラバースが多い山で、冬期は滑落、遭難も多い山でもある。実際2年前の4月に行った時は大普賢岳を目前にトラバースが出来ずに撤退していたので私にとっては冬期の大普賢岳登頂は念願の一つでもあった。

z-2019.02.03 大普賢岳 033

続きを読む »

 

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by