お盆休みを利用して南アルプスの赤石岳と荒川三山を縦走してきました。参加者6名
荒川岳は別名、悪沢岳と呼ばれ南アルプス南部に位置する3141mの高峰、国内で第6位の高さを誇るピークです。
登山ルートは、静岡県側の椹島がベース登山基地になりますが大阪からだと静岡まで高速で5~6時間、さらに高速を降りてから狭い山道を2時間半も走らなくていけません。そしてさらに夏期の臨時駐車場より東海フォレスト専用のバスに乗り換え1時間と、そこまでとても長い道のりでアクセスの悪さは日本一かも?知れません。また、東海フォレスバスに乗るには必ず最低一回は山小屋に泊まらなければならないと言う制限付き、また山頂までのアプローチがやたら長い、標高差が 大き過ぎると言うとても計画が困難な山でもあります。その山々に3泊4日の計画をしましたが、結果的には早く回れ山中2泊で下山出来ました。

悪沢岳から富士山をバックに
s-2015.08.13-16 荒川三山 285

続きを読む »

 
今年の正月は南アルプスの冬山合宿に参加していました。
3日間、山の中でテントで過ごし、初日の出を拝み帰宅しました。
地蔵岳(標高2764m)にて
s-画像 066

続きを読む »

 
富士山に次ぐ日本第二位の高峰、北岳。その山頂直下にある約600mの高差を誇る大岸壁をバットレスと言いいます。
標高3000mで展開されるクライミングは眺望抜群で日本のクラシックルートを代表するルートです。
そのバットレスに行きたくて何ヶ月も前から練習を積んできました。
結果から申し上げると悪天の為 下部岸壁までも行けずに撤退となりました。
しかし、一応 北岳の山頂だけは踏んでおきました。
s-画像 020

続きを読む »

 
2010年明けましておめでとう御座います!
いつもこんなしょうもないブログを見て下さっている方々感謝していますありがとう御座います!

初日の出山行は南アルプス甲斐駒ヶ岳に行ってきました
メンバーは男性3名 2008年 年越し山行を吹雪の中、小処温泉から大台ケ原までテント泊で共に突破したTさん。
2009年 年越し山行は極寒の南アルプス鳳凰三山2泊3日 共にテント泊で完歩したFさん。
どちらも凄く頼りになる2名、このメンバーなら厳しい山行も大丈夫だろと計画した甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根。

山頂から北東に延びる黒戸尾根を延々と登るコース。標高差約2,200メートル。日本最大級の登りだそうです。かつてはメーンの登山道だったが、苦しい登りを嫌って最近は登山者が少ない。
深田久弥は日本百名山のなかで、曰く「日本アルプスで一番つらい登りは、この甲斐駒ヶ岳の表参道かもしれないと呟く。

折りしも大型の寒波が来ている最中、我々は南アルプスの甲斐駒に挑む
目的はキツイ尾根の攻略と「初日の出山行」
uuhoiosddss 033

続きを読む »

 
毎年恒例お盆、長期山行は南アルプスに行ってきました。
当然のごとくテントを担いでの山行ですが 今回は少々勝手が違います。
何故か?と言うと 登山口まで車が入れないので バスに乗りますが そのバスに乗る条件として
必ず何処かの山小屋で1泊しなくては帰りのバスに乗れないのです(泣) 重い、重い荷物を担いでいても 山小屋泊 なんとも辛い話しですが長期でないと中々行けない場所なので楽しみでした。

と・・・・行く直前、静岡県に地震発生! 東名高速道路が通行止めになりました。
腹をくくり?かなりの渋滞を覚悟していくことにしました。
uuhoiosddss 218

続きを読む »

 
■キタダケソウは、世界中で北岳の山頂直下でしか生きられない植物だけに大変貴重な高山植物です。しかも生育範囲は山頂直下のトラバース道周辺だけという極めて狭い範囲に限られています。 キタダケソウが咲くのは6月中下旬の梅雨の頃です。
そして北岳は標高3193m 国内第二位の高峰です
uuhoiosddss 062

続きを読む »

 
いつもブログを拝見して頂いているみなさん「明けましておめでとうございます!」
2006年2月から書き始めたブログももうすぐに3年になろうとしています
本年も昨年同様、山行報告を書き続けていきたいと思っているので何卒宜しくお願い致します。
12/30~01/01 南アルプス鳳凰三山縦走(山梨県) 観音岳(標高2840m 百名山)
1日目 夜又神の森~南御室テン場
2日目 南御室テン場~薬師岳~観音岳~地蔵岳~鳳凰小屋テン場
3日目 鳳凰小屋テン場~薬師岳~夜又神の森
サングラス越しにみる地蔵岳の巨大な尖塔、オベリクス
uuehoeowies 120

続きを読む »

 
今日も朝から快晴 やっぱり1日目を中止にして正解かな 笑
明細は後日
uuehoeowies 376

続きを読む »

 
3連休を利用して南アルプスに行きました uuehoeowies 123

続きを読む »

 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by