3月の北アルプスに上高地から入るのは初めである。ヤマケイの雑誌から霞沢岳西尾根ルートの紹介があり、これなら行けると思いメンバーを募った。霞沢岳は穂高周辺にあって中々登る機会がないが冬期限定の冬季ルートなら面白そうだ。
途中、簡単な岩峰、ナイフリッジがありました。

s-2017.03.19-20 霞沢岳 047


冬は通行止めの釜トンネルを歩きます。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 005


上高地に入る人以外に多いですね。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 010


トンネルを抜け、国土交通省砂防工事事務所の看板があり東に曲がり西尾根にとりつく。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 014


急登に次ぐ急登を登ると、標高1900mを過ぎるとテント敵地が出てくる。
とは言うものの平坦地はない。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 019


出来るだけ標高を上げて2100mを少し超えた辺りでなんとかテントを張る。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 023


今日は雲がかかり天気がよくない、明日の晴天を祈り登頂は明日にする。

3/20 5時登山開始
後方の乗鞍岳が見えてきた。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 026


岩峰が迫ってきた。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 038


以外に簡単あっさり登れた。
ナイフリッジを超え、後は綺麗な雪面を歩いていく。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 043


山頂はもうすぐ
s-2017.03.19-20 霞沢岳 045



真青な空と真っ白な穂高連峰が出迎えてくれていた。 
360度の大パノラマ。 雲一つなく北アルプスの空は澄み切っている。
目を追うと西穂高から少し奥に笠ケ岳、目の前には焼岳から乗鞍岳、御嶽山、遠くに中央アルプス。 
今まで一度も見たことのなかった3月のアルプス絶景を楽しむことができた。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 047

s-2017.03.19-20 霞沢岳 051


気温‐5℃やや強風。 記念撮影をし、なごり惜しいが下山開始。
s-2017.03.19-20 霞沢岳 060


s-2017.03.19-20 霞沢岳 063


下山は早い、あっさりと下山した。

 

<< 2017.03.25 比良中谷αルンゼ~大岩谷 | Home | 2017.03.11 おいしいパン屋 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by