冬期の大普賢岳は初めだ。事、日帰りとなると和佐又山ヒュッテまで車が入れるかが核心だった。
通常4月なら雪はなくなる頃だが今年は多い、いいバリエーションになろう。
林道は凍結部分が少しあったがなんとかヒュッテまで車が入れた。

s-2017.04.02 大普賢岳 048


4月だと言うのに前日に雪が降った、なごり雪。前日からのトレースが消え私達だけの新しいトレースをつけるは気持ちがいい。
s-2017.04.02 大普賢岳 009


暫く歩いて尾根に出る。雪は少ない。
s-2017.04.02 大普賢岳 016


この辺りの岩窟郡のはじまりです。指弾窟」から始まり、朝日窟、笙ノ窟、鷲ノ窟」と窟が続きます。
s-2017.04.02 大普賢岳 030


窟(いわや)の奥には立派な氷柱が。
s-2017.04.02 大普賢岳 031


日本岳を経て
s-2017.04.02 大普賢岳 043


石の鼻に着きました。
s-2017.04.02 大普賢岳 045


景観が素晴らしい。
日本岳を見下ろす
s-2017.04.02 大普賢岳 047


先日登ったシェークスピア辺り、稜線までもう少し
s-2017.04.02 大普賢岳 049


この辺りから大普賢岳の難しさが出てきます。
40度以上の急傾斜、怖いトラバースなどなど・・・
小普賢岳からコルに向かいます。
s-2017.04.02 大普賢岳 053


コルに着きました。後は夏道を通らずに大普賢岳を直登するだけです。
が・・・・雪の状況は悪く、岩肌が見えています。脆い岩肌を登攀するか、危険な夏道をトラバースしていくか・・・・??
両方共チャレンジしてみましたがどちらも状況は悪い、時間もかかりそうなので今日は大普賢岳を諦めました。
ここまで来て悔しいですが次回、状態のいい時にまた来たいものです。
s-2017.04.02 大普賢岳 054


行きも苦労しましたが、帰りもまた苦労する。
s-2017.04.02 大普賢岳 063


ヒュッテに無事戻り、帰り道 焼肉 馬酔木(あしび)に寄りました。
s-2017.04.02 大普賢岳 068
 

<< 2017.04.08 道畔谷 | Home | 2017.03.25 比良中谷αルンゼ~大岩谷 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by