久しぶり山スキーに行ってきました。 兵庫県の氷ノ山 1510m
わかさ氷ノ山スキー場トップ~三ノ丸~氷ノ山山頂~三ノ丸~坂谷ルート滑走~やまめ茶屋
20キロのロングコースを滑りました。

a-hy43.jpg

続きを読む »

 
毎年2月に伯耆大山を計画するが大山は晴天率が低く、なかなか晴れてくれない。
今回は曇天予報の中、新人を含む9名が集まり大人数となりさてどうなるのやらと心配した。
蒜山から見る伯耆大山は富士山にそっくりな山容、すそ野が広がり穏やかに見えるが、いざ元谷へ回り込むと北壁は聳え立っており威圧感さえ感じる。
その北壁を攀じ弥山の山頂にダイレクトに伸びる西稜ルートは爽快そのものである。

a-2018.02.18 大山弥山尾根 040

続きを読む »

 
大阪は雪が降らない、積もらないが大原則だが時折、雪が降る事があります。
積雪は何年かに一回、1~2㎝積もってもすぐに溶けます。ましては自分が休みの時に積もる事はまずありません。
生駒山に積雪するのも大変珍しいですが、生駒山の霧氷を写真に収めるのはとても希少だと思います。
恐らく生涯ないかも・・・!?

s-2018.02.12 雪の生駒山 095

続きを読む »

 
比良山麓で雪上訓練を実施しました。
スターティングアックスビレー、肩がらみ確保、腰がらみ確保、埋没体験、プローグ操作、ビーコン操作、ヒトココ操作、
ロープワーク、要救助者の梱包・移動、コンテ等々を実施しました。

s-2018.02.04 雪上訓練 017

続きを読む »

 
兵庫県のハチ北スキー場にスノーボードを楽しんできました。

s-2018.01.27 ハチ北 012
 
自宅からほんの2時間足らずで行ける場所である。大峰山系 大普賢岳東面のシェークスピア氷柱群。
昨年、2月26日に訪れて以来である。シェークスピアは例年2月の中旬頃が氷柱の発達がいい頃だが、今年は予定も空いたので昨年を思い出し早速出かける事とした。
しかしながらこの時期にしては珍しく三日間ほど暖かい日が続き、10cmあった金剛山の雪も全て消え、近く高見山も完全に雪がなくなってしまった。当日の上北山の天気予報最高気温10度と、あまりにも条件が悪すぎて前日まで決行するか悩んだが、仲間にはトレーニングのつもりで行きましょうと言う事で決行となりました。

現地着 車止め8時20分
道中から見る山々にはまったく雪が無かった。歩き出してすぐ期待していなかったが、ワサビ谷から見た大普賢岳山頂直下に見える連爆帯は氷を纏っており期待が持て気分が晴れやかになった。
歩けど、歩けど雪は無い。左岸にあるアイスゲレンデはベルグラの塊の様に見え、スルーする。本来なら雪上を快適に歩けるはずが、雪が無い分地面が凍っており滑って歩きにくい。大岩を超えた辺りから道が不鮮明になり赤布を追ってみたが急斜面で凍結、キックステップが全く効かずおもむろにこんな場所からダブルアックスに頼ってしまう。
FIXロープも頼らずには登れない、バランスで抜ける事も多く全神経を集中し登る。たまらずにアイゼンを付けた。トレースがないのでルートファイティングも必要となり結局、3時間もかかってしまいやっと到着した。
予想通りシェークピアは壊滅状態だったが、ハムレットは下まで繋がっており辛うじてアイスクライミングが出来そうで、前のパーティーがトップロープで登っていた。
私達も少しでも練習したいと思い、アウトサイダーまで見に行くがベルグラで危険と判断、諦めた。時計も12時だったのでひとまず昼食とする。昼食後、斜め斜面を使い始めてアイスクライミングをすると言うFさんにレクチャーしていた所、トップロープで登っていたパーティーが昼食にするからロープを使っていいと言われたので申し訳ないと思いながらもお借りし、ハムレットのアイスクライミングをほんのひと時楽しみました。
期待していなかった分、短時間ながらも大満足の山行でした。下山は懸垂下降も考えていましたが、気温が上がり道が少し緩みロープなしで下山出来ました。 17時30分大阪解散。

s-2018.01.21 シェークスピア 024

続きを読む »

 
三日間ほど強い寒波が来たので近場の金剛山を覗いてみたくなり出かけました。
水越峠から丸滝谷を経て山頂へ、ツツジオ谷を下降し滝の氷結状況を見て再び山頂へ、下山は青崩道を使おうとしましたが
崩落で通行止めの事で、少し遠回りし太尾尾根で下りました。

丸滝谷はトレースもなく、幾たび出てくる滝にてこずりました。アイゼンは6本爪しか持っていかなかった為、12本爪が悔やまれました。

ツツジオ谷 二の滝の氷結 5割程度でしょうか?

s-2017.01.13 金剛山・丸滝谷 052

続きを読む »

 
もう何年越しだろうか?幾度となく赤岳主稜の計画をしては悪天で中止。
晴天率の高い、八ヶ岳を裏目に今回も悪天の為中止にした。今回の為に休みを空けてきたので中止はもったいない、幸いにも一日目だけ好天予報なので一日で阿弥陀岳北稜を登る計画に変更した。冬期の八ヶ岳で12時間行動をすると言うちょっとハードな工程となった。

18時半大阪発~24時15分美濃戸口~3時半起床~4時20分登山開始~7時30分行者小屋~8時30分歩きだし~10時北稜登攀開始~12時阿弥陀岳山頂~13時行者小屋~16時10分美濃戸口~22時大阪解散

s-2018.01.07 阿弥陀岳北稜 028

続きを読む »

 
12/30 福井県にある、スキージゃムにスノーボードとスキーをしにに行ってきました。
久しぶりのゲレンデスキー、行く前に道具の点検をしたら・・・
スノーボードのビィディングが経年劣化で力を入れたら簡単に折れてしまいました。
急遽、ビィディングを交換していざ、ゲレンデへ
午前はスノーボード、午後はスキーと・・・なんとか勘を取り戻せたような

そして、大晦日。近くの神社や初詣

s-2017.12.30 スキージャム 002

続きを読む »

 
前回同様、六甲芦屋ロックガーデン周辺でアイゼントレーニングしてきました。
キャスルウォール、ブラックフェースで4本 帰りに再びキャッスルウォールに戻りトップロープで垂直壁を2本。
冬靴、アイゼンも少し慣れてきました。

s-2017.12.23 キャスルウォール 020

続きを読む »

 
毎年この時期は雪山のトレーニング時期です。
冬期登攀に向けて練習をしてきました。
六甲山 アイゼンを履いて地獄谷を歩き A懸垂岩・キャスルウォール・ブラックフェースをアイゼン登攀
一年ぶりに冬靴を履いたので多少の違和感がありました。クライミングシューズなら簡単な岩場もアイゼンを履けば
難易度があがり苦労しました。

s-2017.12.09 キャスルウォール 022
 
12/2 夜は皆で焼肉を頂きました。

翌朝からアイゼンを履いて歩行訓練。

s-2017.12.03 納山祭 020

続きを読む »

 
久しぶりに雪彦山の地蔵岳東稜に行ってきました。

土曜日なのか?空いていたのであっさりと終了しました。

6ピッチ目の頂上フェースにて
s-2017.11.25 地蔵岳東稜 045

続きを読む »

 
2016年6月、霧雨の中、鬼ヶ牙にトライしたものの途中6ピッチ目でアクシデントがあり 急遽、懸垂下降で下山して以来の鬼ヶ牙である。

鬼ヶ牙は亀山市の西に位置し、標高は488mと低いが9ピッチのアルパイクライミングが楽しめる場所である。しかしながら記録も乏しく、あまり登られていないのが現状である。
下部の4ピッチがⅡ~Ⅳ級のすっきりとしたスラブ状フェース、上部はブッシュ、ネット、スラブ、ナイフリッジと変化に富みルートファインティングも重要な課題となる。

s-20171112鬼が牙_171112_0006

続きを読む »

 
久しぶりに妙号岩に行ってきました。
大岩壁に南無阿弥陀仏と彫られた岩場。その左側のルートで3本のトップロープを構築して練習しました。
午後からは場所を変え、菊水ルンゼでロープワークを練習し菊水山まで登りました。
久しぶり秋晴れで風が心地よく気持ちのいい一日でした。

s-2017.11.03 妙号岩 006

続きを読む »

 

| Home |


PREV PAGE«  BLOG TOP  »NEXT PAGE

powered by